大潟水と森公園 - 上越市 (旧大潟町)
古墳
 鵜の池に突き出た半島の尖端にある丸山古墳 (合成パノラマ写真)
 上越市の大潟地域には新潟市の佐潟と同じような砂丘によって形成された湖沼がいくつもあります。「大潟 水と森公園」はその湖沼群の中でも最大の朝日池と鵜の池を含めた広大な自然公園で、バードウォッチングやその他動植物を観察しながらの散策はもちろんのこと、公園としての施設も整っていて、ちょっとしたレクリェーションやディキャンプなども楽しめる場となっています。

詳しい情報は 新潟県立 大潟水と森公園 のサイトへ

 鳥見なら春や秋の渡り時期がお勧め。晩秋から冬にかけては朝日池がガンカモ類で賑わっています。
冬の朝日池
 越冬や渡りの中継地として頸城平野北部に多数飛来するマガンやヒシクイなど、それらのガン類にとって朝日池は格好のねぐらとなっています。湖面にはカモ類やカイツブリ類なども多く見られ、ハクチョウも度々翼を休めています。
 近年ではハクガンが飛来することでも名を知られるようになりました。池の周囲ではオジロワシなど猛禽類もよく見られ、ミヤマガラスの群れも時々出没しているようです。
 ただ本格的に雪が積もった時は観察には適しません。ガン類も多くは他へ移動するようです。  (2007.)

 ヒシクイやマガンなど、ガン類はハクチョウに比べて警戒心の強い鳥です。採餌中の群れなどに近づき過ぎて警戒されることのないよう心がけて下さい。
朝日池湖畔
・朝日池の野鳥観察には南側の湖畔沿いの道路脇に車を止めることができます。他の車の往来の妨げにならないよう御注意下さい。

 大潟水と森公園周辺の地図を表示


探鳥地案内表紙へ もどる (瓢湖 佐潟 上堰潟 角田山 長峰大池 大潟水と森公園)