ベッコウバチ(クモバチ)の仲間
オオシロフベッコウ
オオシロフベッコウと獲物(たぶんオニグモの一種)。すでに麻酔がかけられている。

ベッコウバチの一種
野を越え山を越えどこまでも獲物を引きずってゆく。種別不明。
 翅の色が鼈甲(べっこう)を連想させることからこの名で呼ばれるようになったという。

 巣は地面に穴を掘るものが多いが、泥をこねて巣を作るものもいる。なかには竹筒などの穴を利用するものもいるらしい。
 幼虫の食べ物はほとんどが蜘蛛(クモ)。獲物を重たそうに引きずっている雌バチの姿を時々見かける。足が細長いわりに力持ちだ。

 近年ではベッコウバチではなくクモバチと記されることが多くなってきている。確かにそちらのほうがわかりやすいかも。

オオモンクロベッコウ
オオモンクロベッコウ。獲物を運搬途中で一休み
 (画像クリックで少し拡大)

ベッコウバチの巣 
ベッコウバチ1
 オオシロフベッコウ
ヒメベッコウ?の巣
 泥で造られた巣
 ヒメベッコウの一種か?


←きゃしゃな肢体でこんな穴がよく掘れるものだと思う。

 一覧へもどる

 ツチバチの仲間 ベッコウバチの仲間 ドロバチの仲間 ジガバチの仲間