新潟でみられる野鳥 

アカゲラ 赤啄木鳥  (キツツキ科)
Dendrocopos major
アカゲラ♀ アカゲラ♂
 (左)雌  (右)雄 細い枝に強引に止まる。狙いはイラガの繭。

 低山の林で年中見かけるキツツキ。冬は平野部にも姿を現す。
 なぜか「キッ 、キッ 、キッ ・・・」と鳴きながら行動していることが多いので、近くにいれば比較的簡単に見つけることができる。


 大きさはムクドリくらいで、白黒赤の清楚な色彩をしている。新緑の森でも冬の無彩色の森でもお腹の赤がよく目立つ。
 雄は後頭部も赤い。幼鳥は雄雌ともに頭頂部が赤いという。




オオアカゲラ
  雄 11月 新潟市秋葉区
新潟でみられる野鳥

オオアカゲラ
dendrocopos leucotos

大赤啄木鳥

(キツツキ科)



 体型色彩ともにアカゲラと似ているがやや大きくて、クチバシも太く長い印象を受ける。脇腹には黒い縦斑があり、腹部の赤色はアカゲラほど濃くはない。
 雄の頭頂は赤く、雌では黒い。

 山地の森林に生息するキツツキで、留鳥だが数はあまり多くない。ただ佐渡島では普通に見られるらしい。
 冬は人里近くの低山で見ることもある。行動はアカゲラと似る。鳴声も似ている。




Field note 目次へ