▲ 2020年へ Field note 目次へ


 ▼ 2021年の鳥見 - 

2021年
1/12 瓢湖
1/21 上堰潟公園
1/21 佐潟
1/31 五十嵐川
2/13 佐潟
  
 


※ カッコ内の鳥は鳴声のみ確認できた鳥です。



2021年 --
1月12日 (12:15〜13:00) 曇り
 瓢湖 阿賀野市 【環境】湖沼 積雪たくさん

カワウ、ダイサギ、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、コスズガモ、トビ、オオバン、ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス

 雪多い!頻繁に訪れているわけではないけど今まだでにない多さだ。湖面の大部分は雪や氷に覆われている。餌付けしている周辺だけ水面が出てカモが集結していた。ドバトも多い。コガモは雪の無い地域へ移動したらしく数が少なかった。
 積雪により湖畔の移動もままならないが、目当てのコスズガモは餌付け場付近にいるので比較的すぐに見つかった。その他少数派のカモもじっくり探したかったけど時間の都合で退散。

↑ TOP


2021年 --
1月21日 (11:00〜11:45) 晴れ
 上堰潟公園  【環境】湖沼 積雪10〜20cm

カワウ、ダイサギ、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、トビ、オオバン、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、ハシボソガラス

 ハクチョウがたくさん入っていた。近辺の田んぼが雪で覆われてしまったせいだろう。上堰潟でこれだけの数を見たのは初めてだ。そのかわり他の鳥が少ないけど。
 積雪は10〜20cm程度。踏み跡があるため楽に外周を歩くことが出来た。
 公園の東側の田んぼにはヒシクイとハクチョウの姿あり。少しは田面が出ているのか。

↑ TOP


2021年 --
1月21日 (12:30〜14:50) 晴れ
 佐潟  【環境】湖沼、アシ原、雑木林 積雪20cm程度

カワウ、ダイサギ、アオサギ、ヒシクイ(上空通過)、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、トビ、キジ、オオバン、ヤマシギ?、キジバト、コゲラ、カワセミ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、オオジュリン、アトリ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス

 湖面の半分ほどが凍結して、ハクチョウやカモは湿地センターとは離れた方に集結していた。ここもハクチョウが多い。ざっと見た感じではほどんどがコハクチョウ。カモ類は少ない。雪の少ない地域へ移動したのだろうか。
 湖畔を歩いてみると、アシ原にはオオジュリン、シジュウカラ、エナガ、それにアトリなどの姿もあった。突然至近距離から飛び立つキジには時々か驚かされる。「バタバタバタッ」て、うわっまたかと思ったら、んっ?違う。一瞬地面に降り立ったシルエットはでっかいタシギ!!ではなくヤマシギか?
 上潟のほうは湧き水が多く流れ込むせいか凍結はなく、オオハクチョウやミコアイサの姿があった。

↑ TOP


2021年 --
1月31日 (13:50〜14:10) 曇り
 五十嵐川 三条市森町 【環境】河川 積雪 数十cm

オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、マガモ×カルガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、トビ、オオバン、ハクセキレイ、カワガラス、スズメ、ハシボソガラス

 周辺の田んぼはほどんど雪で覆われている。ハクチョウはざっと見たところ300羽程度か。例年並みだろうか。ここは川幅がそれほど広くなく、流れの緩やかな場所も少ないため収容能力があまりない。もう他所へまわってくださいって言われてるのかもしれない。
 それにしても今年は、やたらハクチョウばかり見ている。

↑ TOP


2021年 --
2月13日 (12:00〜14:30) 晴れ
 佐潟  【環境】湖沼、アシ原、雑木林 積雪なし

カワウ、ダイサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、トビ、ノスリ、アカゲラ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、トラツグミ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、オオジュリン、カワラヒワ、ハシブトガラス

 佐潟周辺に雪はほどんど見られない。ハクチョウは周辺の田んぼへ出ているため日中残っているのは数える程度。春を感じさせる一日だった。

↑ TOP



Field note 目次へ