4号館 - Scrap house 

4号館据え付け
 2005.4 完成
・室内(幅×奥行×出入口の高さ)
 左右共180×150×150
・出入り口の穴の径
 向かって左= 48mm 右= 32mm
・材料
 木(新巻鮭の入っていた木箱)、木ネジ
 機械のスクラップ、塗料、段ボール

 廃品になった機械の部品を屋根や出入り口などに使用した。
 あまりに横長になったので真ん中を段ボールで仕切って二部屋にしてあります。出入り口の大きさは左右で違うので、好きなほうを選んでください(誰に言ってるんだ?)。また中の仕切りは固定してないので押して動かせば部屋を広くもできます(鳥にその気があれば)。


  2005〜6年の記録  2012年へ 2013年へ 2014年へ 2015年へ 2016年へ 2017年へ
5月1日
時期的に遅いけど、家の裏の柿の木に据え付け(地上約3m)。スズメくらい入ってくれるか。
据付けた


向かって左側面。
製作に最も力が入った部分。

12月3日
 結局スズメも入らなかった。
 本格的な冬を前に開けてみると、中にはマイマイガが羽化した抜け殻とドロバチの巣があっただけ。


エサ台に改造
2006. 1月9日
 アパートが不評だったので食堂に改造してみた。といってもただ前後の外壁を取り外してエサを置いただけ。
 大雪のせいもあって大好評。

雪上直置き → 



目次へ
Bird house
表紙へ
4号館
2005年
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年