そこいら辺で拾った ツバメ の羽根 


   初列風切

 全長(上) 70mm 7月下旬、玄関先。 
 全長(下) 56mm 7月中旬、巣の下。 
外弁はかなり擦り減っているが
微かに紺色の光沢が見られる。
初列風切


三列風切

三列風切 全長 37mm
7月中旬、巣の下で拾った。 
紺色の光沢が見られる。
初列雨覆
初列雨覆 全長 28mm
7月中旬、巣の下で拾った。 
暗い褐色で紺色の光沢はない。

体羽?
体羽 全長 27mm
7月下旬、巣の下で拾った。 
先端には微かに紺色の
光沢がある。
体羽

体羽  全長 21mm
7月下旬、巣の下で拾った。 
先端は綺麗な紺色の光沢。
胸の白い体羽も同じ頃に巣の下に落ちている。

 



- - 以下まとまって落ちていた。7月、公園の木の下にて。 - - 
この個体の羽には紺色の光沢がほどんど見られないので幼鳥と思われる。



   初列風切
全長 90、84、78、72、62mm 




ツバメ初列雨覆
  初列雨覆
全長 31、33、34mm 
ツバメ初列風切


ツバメ大雨覆
大雨覆
全長 26〜25mm
ツバメ次列風切
次列風切
全長50、49、48mm 




 尾羽
全長 54、57、64mm 
微かに紺色の光沢が
あるように見える。
ツバメ尾羽





Field note 目次へ