そこいら辺で拾った シロハラ の羽根 


尾羽  
シロハラ尾羽 シロハラ尾羽
全長(左から順に) 92、93、94、94、94mm  2月、丘陵の林縁で拾った。 
 一番右のは別個体で 全長 105mm  4月、低山で拾った。
外側の羽2、3枚の先端には白班がある。
外弁は地味なモスグリーンで内弁は暗い灰褐色。
中央寄りの羽(この画像では左側の2枚)は内弁もモスグリーン。

シロハラの羽はマミチャジナイよりやや大きめで全般的に褐色が少ない気がするが、両種ともに雄雌で色が微妙に違うし個体差もあるので、尾羽の白班がなかったら識別は難しいと思う。(尾羽の画像は下↓にもあり)




- - 以下まとまって落ちていた。10月、低にて。 - - 
猛禽による食痕。
(残されていた頭部)


初列風切   
全長 23mm 
96mm 
106mm 
107mm 
106mm 
93mm 
88mm 
86mm 
84mm 
82mm 

外弁は緑がかった感じのする茶色。
内弁は地味な褐色。微妙な色合い。

スズメ科の多くの鳥の風切羽は、
一番外側の1枚がとても小さい。
(一番上のP10拡大画像) 

シロハラ初列風切
シロハラ大雨覆
 大雨覆 
 全長 33mm
風切羽に比べると
茶色がやや鮮やか。
シロハラ次列風切
 次列または三列風切 
 全長 66mm
シロハラ初列雨覆
 初列雨覆 
 全長 36、39mm
シロハラ小翼羽
 小翼羽 
 全長 26、36mm

尾羽
 尾羽 全長 95、95、94、94、94、94mm

シロハラ上尾筒
 上尾筒 
 全長 53、44mm
シロハラ下尾筒
 下尾筒 
 全長 60、49、40mm
シロハラ体羽
 体羽 
 全長 36、32mm
体羽腹部
 体羽(腹部) 
 全長 35mm
胸や脇腹はあまり白くないが
腹部はけっこう白い。





Field note 目次へ