そこいら辺で拾った マガモ の羽根 



マガモ初列
 初列風切 全長 205mm
 1月、湖畔で拾った。↓下の次列風切+大雨覆と一緒に落ちていた。 
 カモ類の初列風切はあまり特徴がなく、他の羽がないと識別は難しい。



次列風切 全長 130mm 
  大雨覆  全長 55mm

次列風切先端と大雨覆の先端近くが白いため、翼を広げたときにそれが連なって2本の白線に見える。





マガモの次列風切

 次列風切
 全長 120mm
11月、湖畔で拾った。 





三列風切
雌の三列風切  全長 145mm 
2月、湖畔の雪上にて。

 雌の体羽 →
 全長 60、75mm
2月、湖畔の雪上にて。
三列風切と一緒に落ちていた。
 

同じ体羽でも部位によって 
大きさも模様も違う。
体羽





雄の肩羽 全長 105mm(反った状態)
12月、湖畔で拾った。 
風切羽や尾羽と比べると薄く柔らかい。羽軸も細い。
先のほうがやや茶色を帯びる。
肩羽




マガモの尾羽
 全長 105mm
 4月、海岸で拾った。 
 尾羽
全長 105mm 
11月、湖畔で拾った。 





Field note 目次へ