クイナ
 2月 新潟市佐潟 とりあえず雰囲気だけ (^_^;
新潟でみられる野鳥

クイナ
Rallus aquaticus

水鶏、秧鶏

(クイナ科)



 キジバトよりやや小ぶりの鳥で、クイナ科の中ではクチバシが長め。

 アシなどの生い茂る湿地帯に棲む。国内では北海道および本州北部で繁殖しているという。
 県内で見られるのは冬またはその前後のことが多い。積雪期にはさらに南へ移動すると思われる。


 危険を感じるとすぐに薮の中に隠れてしまい、なかなか姿を見せてくれないが、そのわりには慌てず急がず薮の中をノシノシと歩いている。薮の中ではクチバシの赤と脇腹から尻にかけての白黒のしましまが意外に目立つ。
 クチバシは繁殖期は赤いが冬になると大部分が黒くなるようだ。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ