マガン
 佐潟
新潟でみられる野鳥

マガン
Anser albifrons

真 雁

(カモ科)



 蜜柑色のクチバシと、クチバシ周囲の白い縁取りが特徴。
 ハクチョウよりは小さいがカルガモやマガモより一回りほど大きい。

 越冬のため日本へ渡って来る鳥で、おもに東北や中部日本海側の地域で冬を越す。ハクチョウなどと同じく湖沼や大きな河川をねぐらとし、昼間は多くが周辺の田んぼで過ごしている。
 行動パターンはハクチョウと似るが、ハクチョウと違って人間に対しての警戒心は強い。

 新潟県内では福島潟、朝日池、佐渡の国中平野などで多く見られる。
 県内で越冬するガン類の中ではヒシクイについで数が多い。
(2002)



新潟でみられる野鳥 

ヒシクイ 菱 喰  (カモ科)
Anser fabalis 
亜種ヒシクイ
亜種ヒシクイ(左) 右はマガン 3月 瓢湖 

 色彩がマガンとよく似ているがマガンより大きめ。クチバシはほとんどが黒く、先端付近だけが蜜柑色。
 日本には主に亜種ヒシクイと亜種オオヒシクイの2亜種が渡来する。亜種ヒシクイはマガンよりわずかに大きい程度だが、亜種オオヒシクイのほうは明らかに大きく、クビもクチバシもやや長い。
 国内では亜種オオヒシクイのほうが多く見られる。
オオヒシクイ
 亜種オオヒシクイ

 新潟県内では福島潟、鳥屋野潟、朝日池などをねぐらに周辺平野部で冬を過ごしている。行動パターンはマガンと似る。
 県内で越冬するガン類ではこのヒシクイが最も数が多い。


ヒシの実
 ヒシの実
 ヒシクイという名はヒシの実を食べることからつけられたという。ヒシの実というとあの固くて鋭いトゲの生えた・・ 踏んづけると靴底に刺さりそうな・・ 大丈夫か。




Field note 目次へ