そこいら辺で拾った マミチャジナイ の羽根 


- - 以下、まとまって落ちていた。11月、低山にて。 - -

やや黄緑がかった褐色のとても落着いた色彩の羽根。
猛禽に捕食されたらしい。
頭部も一緒にあったのでマミチャジナイと断定できたが、羽根だけではシロハラやアカハラとの区別が難しそうだ。
 (残されていた頭部)←えぐい画像なのでクリックに注意


(画像は何枚か左右反転させています )

初列風切
 初列風切
全長(上から) 105, 112, 108, 93, 89, 87, 85mm 




次列風切
次列風切 
全長 80〜72mm 
初列雨覆 34 39 40
初列雨覆  
全長 34〜40mm 
風切羽とほぼ同じ色彩。
外縁が緑がかった褐色。
(拡大画像) 



大雨覆 29 30 32
大雨覆  
全長 29〜32mm 
先端が淡い。 
若鳥のようだ。
(拡大画像) 



尾羽
尾羽 
 全長 91mm、90mm 
外弁は緑褐色。 
内弁は暗い灰色。


体羽

 体羽(胸、脇腹) 
 全長(反った状態) 約25mm
綿羽は黒っぽい。 
体羽

 体羽(腹)
全長(反った状態) 約30mm 
意外に綺麗な白。





Field note 目次へ