新潟でみられる野鳥 

ユリカモメ 百合鴎  (カモメ科) 
Larus ridibundus
ユリカモメ
成鳥冬羽(一部若鳥) 2月  

 ハトとカラスの中間くらいの大きさのカモメで、白っぽい体に朱色の足と嘴(クチバシ)が華やか。ユリのように清楚な印象を受けるが、実体はどうもそうではないらしい。図々しさではカラスも一目置く。

ユリカモメ若鳥
 若鳥 3月
 冬になると港や海岸に群れで現われて、内陸部の水辺やときに山間地まで溯上することもある。春先の田園地帯では代かきのトラクターに群がるユリカモメを見ることがあり、米どころならではの風景だなあと思う。

 1年目の若鳥は翼に褐色の羽があり、クチバシや脚は蜜柑色。
 2年めには成鳥とほぼ同じ羽色になるが、クチバシと足にはまだ成鳥のような鮮やかさがない。

ユリカモメ夏羽
 夏羽 愛知県 撮影日不明

 4月頃になると頭が焦げ焦げ茶色になるが、目の後方が三日月形に白いままなので、おどけた感じで可笑しい。




Field note 目次へ