トウネン
冬羽へ移行中。まだ夏羽に近い。8月末 

新潟でみられる野鳥

トウネン
Calidris ruficollis

当 年

(シギ科)

 春夏の渡りの時期に砂浜で見ることができる。特に8月末から9月にかけ幼鳥が多く見られる。

 スズメよりやや大きいくらいの小形のシギで、シギとしてはクチバシが短め。
 夏羽は上面は鮮やかな茶色と黒のまだら模様。冬羽では茶色みがなくなり上面は灰褐色になるようだが、秋には県内を通過して南へ渡ってしまうため完全な冬羽はなかなか見られない。
トウネン幼鳥かな?
 幼鳥 8月末
 引いてゆく波を追いながらエサを摂り、寄せ波に追われて一目散に逃げ帰る、この繰り返し。そんなに走っては消化に悪い・・

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ