タシギ
 1月
新潟でみられる野鳥

タシギ
Gallinago gallinago

田 鷸

(シギ科)



 ストローのように細長いクチバシを持つ、ずんぐりむっくりで足の短いシギ。大きさはムクドリ程度。

 県内では冬鳥というか旅鳥というか、繁殖期以外は年中見ることができる。少数で群れていることもあるが、単独で見かけることが多い。
 田んぼや河畔などの湿地に棲み、長いクチバシで泥の中にいる小動物を捕える。


 タシギ類はどれも外見がよく似ていて見分けが難しい。夏の高原でディスプレイフライトしてるのはオオジシギと見当はつくが、平地で見かけてもタシギ、オオジシギ、チュウジシギの区別がつかない。
 翼を広げた時に次列風切先端が白く見えればタシギと判断はできるが、それが確認できないときは田んぼにいるからタシギだろ〜ということにする。確率的にそれで間違いないと思う。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ