ノゴマ
 5月 三条市
新潟でみられる野鳥

ノゴマ
Erithacus calliope

野 駒

(ツグミ科)



 スズメくらいの大きさで、雄は目にも鮮やかな赤い喉(のど)が自慢の鳥。(本当にこの赤は感動的に赤い)
 雌は喉が汚白色でウグイス科の鳥と雰囲気が似ているが、雄と同じようにクチバシの脇に白い部分があることで識別できる(雄ほど白くはないが)

 北海道以北で繁殖する鳥で、春と秋に県内を通過してゆく。春は5月頃、平野部の低木林の茂みや植込みの多い公園などで地上を動き回ってる。気分の良い日にはさえずりを聞かせてくれる。
ノゴマ落鳥  秋は11月初旬〜中旬頃。以前オスがうちのガラス戸に衝突して亡くなったことがあった。(T◇T);
鳥の一覧へ 


Field note 目次へ