メダイチドリ夏羽
 夏羽 愛知県 田原市 4月
新潟でみられる野鳥

メダイチドリ
Charadrius mongolus

目大千鳥

(チドリ科)



 旅鳥で春と秋の移動期に海岸や川岸、休耕田などで羽を休めていく。単独か数羽の群れでいることが多い。

メダイチドリ幼鳥
 幼鳥 新潟市西区 9月
 スズメとムクドリの中間くらいの大きさで、雌雄ほぼ同色。足は黒っぽい。
 冬羽は地味でシロチドリやイカルチドリなどの冬羽と似ているが、夏羽では顔の白黒がはっきりして顔の周囲や胸が鮮やかな茶色になる。
 幼鳥は成鳥の冬羽や他のチドリの幼鳥と似るが、顔や胸が薄い茶色みを帯び、羽の縁が淡色でウロコ模様に見える。足は暗い黄緑色。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ