新潟でみられる野鳥 

キョウジョシギ 京女鷸 (シギ科)
Arenaria interpres
キョウジョシギ
 雌か幼鳥 8月末 新潟市越前浜 ゴミの山が好き

 シギ科のなかではクチバシが短め。大きさや体形がムクドリと似ている。
 夏羽は白黒茶色の大雑把な三毛猫的デザインなので、他のシギと見間違えることはないと思う。
 冬羽や幼鳥の羽色は褐色と白の地味系だが、橙(だいだい)色をした短めの脚がトレードマーク。

 県内では旅鳥で、春秋の移動期におもに海岸で見ることができる。ただ数は多くない。

 クチバシで小石や海藻やゴミなど手当たりしだいにひっくり返して食べ物を探す。小さな甲殻類や貝類などを食べているらしい。
 力仕事をするせいか他のシギより脚が太いような気がする。クチバシもシギにしては短く太い。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ