キバシリ
  7月 新潟市秋葉区
新潟でみられる野鳥

キバシリ
Certhia familiaris

木走

(キバシリ科)



 大きさはスズメと同程度かやや小さめ。
 雌雄同色で腹部は真っ白だが、背面は地味な色彩のまだら模様をしている。木の幹に止まっているときは保護色となるので、動いてなかったら見つけ出すのは難しいだろう。
 クチバシは細く、やや下向きに曲がっている。樹皮の割れ目などに潜んでいる虫を捕食するための適応と思われる。

 山地の森林に生息する。県内では年中見ることができる。
 繁殖地は限定的で数も多くはないようだが、人里近くの低山や丘陵でも見ることがある。広葉樹よりも針葉樹林で見ることが多い。
 エサを探しながら木の幹を上ってゆく。遠目にはコゲラと紛らわしいが、コゲラと違って横枝にとまることはない(たぶん)。



鳥の一覧へ 


Field note 目次へ