イソシギ
  横から見るともう少しスマート
新潟でみられる野鳥

イソシギ
Tringa hypoleucos

磯 鷸

(シギ科)



 脇腹から肩にかけての白い食い込みが特徴のシギ。大きさはムクドリよりやや小さいくらい。
 アイリング(目の周りの白い縁取り)があるが、あまり目立たない。

 おもに春先から晩秋にかけて、田んぼや河川や湖沼などの水辺で見ることができる。単独かつがいでいることが多い、というか群れでいるところは見たことがない。
 冬はほとんどが無雪地へ移動するようだ。


 超低空飛行の時は翼を震わせるような浅い羽ばたきで飛ぶ。陸上では尾を上下に振っていることが多い。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ