幼鳥
  幼鳥 新潟市越前浜 9月
新潟でみられる野鳥

エリマキシギ
Philomachus pugnax

襟巻鷸

(シギ科)



 春と秋に湖沼や河川や田んぼなどで見ることがあるが機会は少ない。単独でいることがほとんど。

 雄はキジバト程度の大きさで、夏になると襟巻(エリマキ)のような派手な飾り羽が生えてくる。この飾り羽は個体によりいろいろな変異があるという。ただ旅鳥なので県内では完全な夏羽はなかなか見られないようだ。
 雌は雄より小さくてムクドリくらいの大きさ。夏でも羽色は褐色系の普通のシギ。
 雌雄でこれほど外見に違いのあるシギは国内では他にいない。
 幼鳥や冬羽は他のシギと同じように地味系だが、なんとなく目が切れ長な印象がある。

鳥の一覧へ 


Field note 目次へ