新潟でみられる野鳥   

チュウシャクシギ 中杓鷸 (シギ科)
Numenius phaeopus 
チュウシャクシギ
愛知県汐川干潟 

 大形のシギで、湾曲した細長いクチバシが特徴。
ホィピピピピ・・」と特徴ある声で鳴く。

幼鳥
 幼鳥 撮影時期不明 愛知県田原市
 
 渡りの時期に海岸や河口、水田などで見ることができるが、新潟県内では多くない。
 細長いクチバシで甲殻類や虫など小動物を捕らえて食べている。


 羽色は夏も冬も茶褐色のまだら模様のままで、ほとんど変化はないようだ。
 幼鳥はクチバシがやや短くてコシャクシギと間違えそうだが、コシャクシギはクチバシの付け根が細くてきゃしゃに見える。




Field note 目次へ