アマサギ
 夏羽

新潟でみられる野鳥

アマサギ
Bubulcus ibis

猩々鷺、黄毛鷺、尼鷺

(サギ科)

 九州以南で越冬するものもいるようだが県内では夏鳥。4月末頃から平野部の農耕地に姿を見せ始める。カエルや虫などを獲っているようだ。
 渡来したてのころは単独または少数で行動しているが、夏以降は集団でいることが多く、幼鳥も交えて大群になることもある。


 首長(くびなが)サギ類(そんな呼び名はない)の中では小形で、クチバシも首も短め。
 クチバシは黄色または橙色で、下向きにわずかに反っているように見える。繁殖期にはやや赤みを帯びる。
 脚は灰色で、腿に近い部分が黄色みを帯びるものもいる。
アマサギ幼鳥
 幼鳥? 8月
 冬羽はほとんど白一色だが、繁殖期になると頭部から首、胸、背中に細くてサラサラしたキツネ色の飾り羽が生えてくる。夏でもほとんど白い個体は幼鳥や若鳥だろう。
 県内では9月いっぱいくらいまでは普通に姿を見ることができるが、そのころにはほとんどキツネ色が見られなくなる。冬羽に変っているのかそれとも若鳥が遅くまで残っているのかは不明。遠目にはチュウサギと少し紛らわしい。

 他のサギと同様に人間に対して非常に警戒心の強い鳥だが、夏にトラクター作業をしていると何処からともなく集まってきて、時に20羽以上が前後左右にまとわりつくことがある。危ないのでトラクターの前を駆け回らないでもらいたい。
アマサギ2
 アマサギはトラクターが大好き 7月

 アマサギは南方系の鳥で、昔は新潟県内では見られない鳥だったらしい。県内初記録は1969年5月の粟島という。一般によく見かけるようになったのは1980年代に入ってからではないかと思う。
 今も少しづつ生息域を北へ広げているらしい。


鳥の一覧へ


Field note 目次へ